第九回部長の想い 「輝く仲間、輝く背中。」

「輝く仲間、輝く背中。」

今月は朝霞市民チャリティゴルフや青年部OB会との交流事業など盛り沢山な日々でした。今年度、輝く!広報を担当するteambrightが公式ホームページで紹介してくれておりますので、事業詳細はどうぞ当該記事にアクセスしてみてください!(^^)v

 

さて、埼玉県商工会青年部連合会というものをご存知でしょうか。こんな聞き方をすると「知っとるわい!」とお叱りを受けそうですが、加入したての青年部員には意外と耳慣れない会ではないかと思います。

 

埼玉県商工会青年部連合会

http://www.saitama-impulse.jp/

 

埼玉県下の各地商工会青年部が集うこの県青連、我が朝霞市商工会青年部は、鴻巣、戸田、鳩ケ谷、桶川、志木、新座、和光、北本、伊奈、そして朝霞の10単会からなる第1ブロックに属しています。

 

代表的な事業と言えば、小野寺副部長と時枝専務理事が2年連続で大活躍した第1ブロック主張大会、昨年に引き続き糸魚川君と尾崎君が大活躍した第1ブロック野球大会、そして今年度末に控えた第1ブロック交流事業でしょうか。

 

そして数ヵ月に一度、各単会の部長を中心として、定期的に代表者会議が開催されています。9月末に行われた会議には、尾迫・小野寺両副部長と時枝専務理事と共に出席をさせていただきました。今年度は阿部直前部長が県青連理事として出向されておりますので、応援も兼ねての参加です。

 

1 2

県青連で実施された野球大会や主張大会などの各事業報告や、毎年楽しみにしている第1ブロック交流事業、次年度事業へ向けた協議などの議題が進んでいきます。そして今回は、昨年度33名の新規部員拡大という実績を挙げた新座市商工会青年部の大西直前部長による、部員拡大に関する講話を拝聴しました。

3

 

僕が朝霞市商工会青年部に入部した平成21年度、時の第32代小池部長は年間31名の新規部員を獲得し、新規加入率全国1位を達成!今年度の正副部長と専務理事は全員、この時に入部した同期部員でもあります。小池チルドレンなんて呼ばれたりしますが(笑)、会員拡大が正に未来に繋がっていくのだと実感します。

 

青年部員の減少が叫ばれる昨今、様々な成功体験から学び、輝く未来へ向けた弛まない努力が必要であると、改めて考えさせられました。

4

 

埼玉県青連、野川第1ブロック長のご挨拶により、代表者会議後の懇親会がスタートです。各単会、部長職や副部長職、それぞれが同じ立場ならではの感動があったり悩みがあったりというもの。同じ境遇の仲間として遠慮なく意見し合い、楽しく過ごせる時間はとても貴重です。青年部長は、自らの単会を代表して様々な会に出席させていただく機会を頂戴しますが、代表者会議は特に楽しみな機会でもあります(^^)

5

 

もうひとつ楽しみなのが、毎回の懇親会を締める一言。中締めと本締めを、突然の振りで見事にこなす雄姿が見られます。各単会の副部長に振られることが多いこの締め。今回は何と、我が朝霞市商工会青年部の尾迫副部長が突然の指名を受け、堂々とした輝く締めを見せてくれました。

 

6

今年度、我が朝霞市商工会青年部のテーマは、「仲間は宝~輝け!朝霞市商工会青年部」です。輝く仲間達の背中を見て、改めて有り難さを実感しました。今年度も既に折り返し地点を過ぎ、いよいよ後半の事業がスタートしています。部員の皆さまには今一度、改めて今年度のテーマを振り返っていただき、更に輝く後半戦を一緒に楽しみたいと思っています(^^)v

 

 

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です